顔脱毛する際の肌について~乾燥肌・脂性肌~

顔脱毛は、どんな人でも行えます。乾燥肌や脂性肌などの方は、施術でトラブルが起こるのではないか、と心配するかもしれませんね。しかし、しっかりとしたアフターケアを行えば、むしろ調子がよくなることもあります。ここでは乾燥タイプと脂性タイプに分けて、気をつけたいポイントを見ていきましょう。

顔脱毛って乾燥肌でも大丈夫?

顔脱毛で行う照射は、皮膚を火照らせるため、乾燥肌の人には刺激が強いイメージがあります。しかし、今後ずっと自己処理を行っていくと、そのほうが肌に負担をかけてしまうでしょう。
長い目で見ると、カミソリ負けしやすい乾燥肌の人こそ、処理をプロの方に任せしたほうが良い」と言えるでしょう。サロンでは、保湿ジェルなどを使って専門的なケアを施してくれます。お店によっては、美白効果がある特別なローションを併用しているところもあるほど。
ですので、「脱毛したほうがケアが行き届くようになって肌の調子がよくなった」ということもあり得ます。乾燥した肌だからといって顔脱毛を諦める必要は全くないということです。
もしあまりにひどい乾燥状態の場合は、専門家であるサロンスタッフが施術できるかどうかきちんとチェックし、判断してくれます。また、その人の肌状態によって、脱毛器の出力レベルを調整してくれるので、負担を最小限に抑えながら顔脱毛することも可能です。

乾燥肌の方も、アフターケアをしっかりとすれば問題ありません

顔脱毛をすると、乾燥肌の方は「余計に乾燥してしまうのでは?」と心配になるかもしれませんね。しかし、 顔はもともと皮脂分泌が活発な部位で、他の皮膚よりも脂分が多い場所です。だから、そこまで心配することはありません。
また、脱毛をきっかけに、きちんとしたスキンケアを見なおしてみるのもいいでしょう。サロンで必ず行われるのが、施術前後のスキンケア。潤い成分がたっぷり入った保湿用ジェルを塗布してくれます。それによって、「皮脂膜」を守ることができるからです。
皮脂膜は「顔のテカりやニキビの原因になる」と忌み嫌われがちですが、実は、雑菌や紫外線から素肌を守るバリアの働きをしてくれる大切な存在。剃毛や洗顔で皮脂を取り過ぎてしまうと、この膜が薄くなり、乾燥してしまいます。そこで、しっかりと脂分を補うアフターケアをすることが大切になってきます。

乾燥を防ぐアフターケアのポイント

・洗顔後は必ず保湿する
入浴後、朝の洗顔後は、5分以内に化粧水などの保湿液をたっぷりとつけてあげましょう。洗顔後は、水分がどんどん逃げていきます。ここでしっかりと潤い成分を補ってあげることが大切です。
ひどい乾燥肌の方は、顔を洗い流すときに水やぬるま湯を使いましょう。また、化粧水だけではなく、乳液や美容液、クリームなどもつけてくださいね。
・紫外線対策をしっかりと
「日焼け」は、肌から水分を奪うだけでなく、シミの原因にもなります。普段から、紫外線対策はしっかりと行いましょう。夏だけではなく、オールシーズン、日焼け止めは使用してください。
・乾燥肌にいい食事をする
薬膳の世界では、いつも肌がカサカサしているような人を「陰虚証」と呼びます。このタイプの人は、体内の水分が不足している状態ですので、体に必要な水を補い、血をサラサラにする食材を摂るといいとされています。
陰虚証タイプの方が食べるといいものは、はちみつ・牛乳・豚肉・杏仁・白キクラゲ・ごま・梨、などです。普段の食事に取り入れてみましょう。

脂性肌の脱毛について

「オイリー肌」とも言われている脂性肌は、男性ホルモンなどが多く分泌されることによって皮脂が過剰にでてしまう状態です。顔のテカリやニキビなどの原因になります。食事や生活習慣、ストレスなどが要因と考えられていますが、遺伝で生まれつきという人もいるようです。
ベタベタするのが気になり、つい洗顔をしすぎたり、油とり紙を使いすぎたりしてしまいますが、そうすると返って状況を悪化させることがありますので注意してください。乾燥肌同様、保湿などのスキンケアをしっかりと行うことが一番大切です。
脂性肌の方は、脱毛サロンを選ぶ基準として「美容効果」に着目しましょう。施術のときに肌に塗る保湿ジェルにはいろいろな種類のものがあり、中には脱毛と一緒にニキビ予防や美肌も行えるサロンがあります。お店によって、美容効果の特徴が異なりますので、調べてみるといいですね!
また、ニキビやニキビ跡の状態によって、顔脱毛の施術が受けられない場合があります。カウンセリング時に、患部を見てもらいながら脱毛が可能かどうか相談してみてください。

脂性肌の方のための脱毛後のケア

脂性肌の人は、どうしても皮脂をしっかりと取り除こうとしてしまいますが、脱毛後の肌はとても敏感になっています。スキンケアは優しく、たっぷりと潤いを与えることが大切です。顔脱毛後に気をつけたいことを確認しましょう。
○洗顔するとき
・洗浄力の強すぎる洗顔料は使わない(潤いを残してくれるような自然派がベスト)
・ゴシゴシこすって洗わない(手のひらで触れずに、泡で優しく洗うイメージ)
○洗顔後のケアについて
・顔脱毛後は、いつもよりもこまめに、たっぷりと保湿する
・化粧水だけではなく、乳液やクリームを使ってきちんと肌をバリアする
・アルコール入りのスキンケア製品は使わない
顔脱毛後の皮膚はとても敏感で、火照って乾燥しやすい状態になっています。それは、オイリー肌の人でも同じ。もし、施術部位が赤くなったりヒリヒリ感がでたりしたときは、保冷剤をハンカチかガーゼなどで包んで脱毛部分を冷やしてください。「保湿」と「冷却」。これが、脱毛後のスキンケアの要です。

乾燥肌・脂性肌まとめ

乾燥肌の人は、顔脱毛で肌がカサカサになることを心配しますが、長い目で見れば脱毛したほうが負担は少ない。保湿や日焼け対策、食事改善などでしっかりとアフターケアすれば、施術前よりも潤いのあるツヤツヤ肌を手に入れることも可能です!
皮脂の分泌料が多い脂性肌の人も、実は保湿が大切。皮脂を奪い過ぎないように洗顔やスキンケアに気をつけましょう。いまはニキビ対策や美肌を行っているサロンがありますから、自分に合ったコースで施術してもらえば、安全に顔脱毛が行えます。

人気顔脱毛記事

  1. 歯の矯正中の顔脱毛
  2. 光脱毛で顔脱毛
顔脱毛 TOP