歯の矯正治療中に顔脱毛はできるの?

歯の矯正中の顔脱毛

顔脱毛の光刺激で矯正にトラブルが出るのではないか、という不安を抱えている方が少なくありません。はめている器具の材質や、矯正部分によって脱毛を受けられるかどうかが異なります。まずは基礎知識を知って、さらに不安な場合はかかりつけの歯科医と脱毛サロン両方へ相談してみましょう。

矯正器具の素材によって変わってくる

数年前まで矯正器具といえば金属でしたが、現在はプラスチック・セラミックなどさまざまな素材が使われています。顔脱毛を受ける場合、金属製器具を着けていると断られるケースがあります。光刺激は皮膚表面のみに作用するしくみですが、口周りの施術の際、誤って器具に反応してしまうリスクを避けるためです。

一方、プラスチック・セラミック製の矯正であれば、問題なく脱毛を受けられます。しかしサロンには必ず矯正中であることと、器具の素材名を確実に伝えるようにしてください。

銀歯の場合は?

過去の虫歯治療で、銀歯を入れている・銀の被せ物をしている場合、そのことを必ずサロンに伝えましょう。コットンなどを口に含み、光刺激で金属が変形・変質しないよう工夫してもらえます。銀歯が理由で脱毛を受けられないというケースはほとんどありませんので、心配いりません。

インプラント

インプラントは、抜歯後に金属製の歯根と人口歯を埋め込む治療法です。金属を使用していることから、光脱毛を断られる場合があります。歯ぐき内部で金属が変形すると大変な手術が必要となりますので、インプラント治療を受けた方は、忘れずにその場所をサロン側へ伝え、判断を仰ぎましょう。

詰め物

軽度の虫歯を詰め物で治療した場合、脱毛中にその部分が痛むことがあります。光が虫歯へ何らかの影響を与えているのではなく、脱毛そのものの痛みを治療跡が痛むように感じてしまうという状態です。詰め物に異常が起きることはありませんので、安心して施術を受けてください。

治療が完了している歯については、サロンへ伝えなくても問題ありません。現在治療中で、仮の詰め物をしている歯については、念のためその場所を伝えておきましょう。

判断は脱毛サロンによる

歯の治療と顔脱毛は、使っている器具の材質・治療経過次第では、併行して行えないことがあります。特に金属製の矯正器具をお使いの方は、サロン契約前に必ずスタッフへ伝えましょう。光脱毛は肌表面にのみ作用するように作られていますので、歯の治療中でも問題ないケースも多数あります。あまり不安に思わず、治療状況を正確に伝えてください。

人気顔脱毛記事

  1. 歯の矯正中の顔脱毛
  2. 光脱毛で顔脱毛
顔脱毛 TOP