顔脱毛中は避けたい~飲酒やサウナについて~

ただでさえデリケートな顔の肌が、更に敏感になるのが施術の後です。そのとき、飲酒したり熱いお風呂などに浸かったりしないようにしてください。体温を上げる活動はNGだということを覚えておきましょう。「火照った肌を冷やすこと」が、脱毛後に大切なケア方法です。

激しい運動やサウナ、お酒などで体温が上がると、肌が炎症を起こしやすくなります

顔脱毛前後は、「体温が急上昇するようなこと」を避けなければなりません。施術の際の光によって火照った肌が、炎症を起こしやすくなるからです。以下のことは、控えましょう。
・お酒を飲む
・サウナや熱いお風呂入る
・激しい運動をする
・太陽の下で日焼けをする
これらのことを行うと、ひどいときは、施術箇所が火傷のようになってしまう危険もありますので、注意してください。

脱毛前後にはスケジュール調整を

もし予約を入れた前後の日に飲み会などの約束が入ってしまったら、どちらかの日程をずらずように調整しましょう。どうしても、どちらも変えられないようなときは、飲み会の席で烏龍茶などのソフトドリンクだけの注文にしておきましょう。送迎の運転手を買ってでるのも、いいかもしれませんね。
温泉や海への旅行、フィットネスクラブへ通うスケジュールも、その前後には入れないようにしてください。とにかく、体温を上げる行為はNG!と心得ておきましょう。

ついうっかり飲んでしまったときにはどうしたらいい!?

それでも、顔脱毛したことをつい忘れて飲んでしまった場合、冷たいタオルや保冷剤などで顔を冷やしてください。とにかく、肌の熱が上がらないようにすることが大切です。また、アルコールを早く体から抜くために、お水をたっぷり飲みましょう。
そして、もし万が一、炎症を起こしてしまったときには、速やかに皮膚科へ行くことが大切です。その際、脱毛後にお酒を飲んでしまった、というのはきちんと正直に伝えましょうね。医師の支持を仰ぐまで、化粧水や乳液を使うのは控えてください。余計な刺激を与え、症状を悪化させないためです。

人気顔脱毛記事

  1. 歯の矯正中の顔脱毛
  2. 光脱毛で顔脱毛
顔脱毛 TOP